カラオケでうまく歌うには、まず十八番から変えていこう!

 

カラオケでうまく歌うには、まず十八番から変えていこう!

 

カラオケでうまく歌えると、一気にスターになれますよね。

 

でも、こんなお悩みをお持ちの方も多いことでしょう。

 

「正直に言って、歌は得意じゃない」

 

「好きな曲はあるけれど、うまく歌えなかったら笑われそう」

 

そんな方にオススメなのは、まず「十八番をうまく歌う」という発想そのものを変えること。

 

歌いやすくて、しかもウケそうな歌を十八番にしてしまうのです。

 

 

 

「歌いやすくてウケそうな歌」とは、こんな歌です。

  • メロディーの高低差が少ない
  • サビが泣ける
  • さらに音楽に詳しい「通」っぽさを出せる

そんな歌です。

 

 

男性の歌では、尾崎豊さんのバラードや奥田民生さんのミドルテンポのナンバーなどがおすすめ。

 

メロディーが比較的平坦で、サビを聞けば多くの人が「これ知ってる!」と共感し、しかも万人が知っているわけではないため通ぶれる。

 

それが全て叶えられるアーティストです。

 

 

一方、女性の曲の場合は、少し異なってきます。

 

女性ボーカルの歌は、バラードが「聴かせる」ものが多いため、しっとりとした曲だとハードルが高くなります。

 

聴く人の審査も、自ずと厳しくなりがちです。

 

 

そこで、女性の曲の場合はシャウト系のアップテンポのものがおすすめ。

 

だからといってSuperflyなどを選択してしまうと、オリジナルが上手すぎるのでNG。

 

もともと、その曲を歌っている人が下手な曲がおすすめです。

 

AKBなどグループの曲も良いですね。

 

 

カラオケでうまく歌うためには、まず曲選びが大切!

 

歌いやすくてウケが良い曲を選べば、すぐにカラオケのスターになることができますよ。

最短最速で歌唱力をアップさせるための方法とは?

「独学で歌の勉強をしてもなかなか上手に歌えるようにならない…」

多くの人がそう思っています。実際に、YouTubeやいろいろな本で勉強しても歌唱力アップにはつながりにくいです。

そのため、何度もカラオケに通って数で勝負したりボーカルスクールに通ったりするわけですね。しかし「時間がたっても一向に歌が上手にならない」「スクールに通うと半端なくお金がかかる」などの理由で挫折するケースは少なくありません。

そこで今注目されているのが、有名アーティストも手がけたプロによる動画教材です。一般のボーカルスクールとはレベルが違う、歌がメキメキ上達して他人に圧倒的に差をつけることができる非常識な教え方とは・・・