カラオケでうまく歌えないと嘆いている人へ!

 

カラオケでうまく歌えないと嘆いている人へ!うまく歌うための3つのコツ

 

うまく歌うための3つのコツとは・・・

 

 

なるべくキーの合う曲を選ぶ

 

カラオケでうまく歌えないと嘆いている人には、

 

「自分になるべくキーの合う曲を選ぶ」

 

ということを心がけることをオススメします。

 

 

自分がうたいたい曲があるというのは勿論わかりますが、自分に合ったキーというものは存在します。

 

自分のキーに合った曲を選べば、歌いぐるしくならないので、キー以外のポイントにも着目してテクニックを上げる余裕が出ます。

 

 

またその意味で、あまりにもキーが乱高下しすぎる曲などはプロ歌手でも歌いこなすことが難しく、避けたほうがいいかもしれません。

 

 

ゆったりとしたバラードを歌う

 

カラオケでうまく歌えないと嘆いている人には、音楽のリズム感があまりないという人もいます。

 

スピード感あふれるロックミュージックや、リズム感にあふれたヒップホップ、ラップなどの曲を歌いこなすことができれば確かにカッコイイです。

 

しかし、歌いきれないと、残念ながらカッコ悪さが際立ってしまいます。

 

 

逆に、ゆったりとしたバラードを歌いましょう。

 

昔からカラオケでよく歌われているバラード曲などをオススメします。

 

 

さりげなく、他人に聞いてみる

 

友人や恋人たちとカラオケで盛り上がったとき、自分も何曲か歌うでしょう。

 

終わった後に、さりげなくどの曲が良かったか聞いてみましょう。

 

自分の思いと、他人からの評価は違うこともあるので、他人のアドバイスも参考にしてみてはいかがでしょうか。

最短最速で歌唱力をアップさせるための方法とは?

「独学で歌の勉強をしてもなかなか上手に歌えるようにならない…」

多くの人がそう思っています。実際に、YouTubeやいろいろな本で勉強しても歌唱力アップにはつながりにくいです。

そのため、何度もカラオケに通って数で勝負したりボーカルスクールに通ったりするわけですね。しかし「時間がたっても一向に歌が上手にならない」「スクールに通うと半端なくお金がかかる」などの理由で挫折するケースは少なくありません。

そこで今注目されているのが、有名アーティストも手がけたプロによる動画教材です。一般のボーカルスクールとはレベルが違う、歌がメキメキ上達して他人に圧倒的に差をつけることができる非常識な教え方とは・・・